ホーム>BLOG>BLOG

BLOG

2017年式 FXDB カスタム


この車両のダイナストリートボブは、ディーラーのデモ車だったそうで、タイヤはハーレー用で開発された
ブリジストンH50が装着されておりました。

試乗させていただいた感想は、硬めな足回りのイメージがあるハーレーがしなやかな足回りになっており、
ディーラーで足回りのチューニングを施工されたのか、タイヤのみでしなやかなのか定かではありませんが、
乗りやすくなっておりました。
 

弊社で担当させていただいたところは、特注の黒クローム仕様のクロームエンドのマフラー製作で、
ジェントルな低音と共に吹け上がりが純正よりも滑らかになる仕様のものをご提案させていただきました。

 

201835181533.JPG

FXCW Custom  ソフテイル ロッカーカスタム


先日、雑誌「バージンハーレー」の取材があり、撮影風景を載せてみました。


2008年式のロッカーをベースとして、ネオビンテージスタイルにカスタムを施した車両です。
きっかけは、雑誌「バイブス」の営業さんから高年式ソフティルにバックギアの装着依頼を受け製作しました。
もしかすると、バックギアのマンバさんの来年度カレンダーに掲載されるかもしれません。
バージンハーレーへの掲載も後日お知らせします。


また、この車両を見て、えっ何でと思った方はかなり玄人ですね!
弊社の独創的な発想により、インジェクションモデルでもスモールタンクの装着を可能としております。

 

201835171734.JPG

カスタムハーレー EVOソフティル

こんにちは。

掲載しているつもりになっていた、最近普段乗りしているデモ車のご紹介です。

気張らず、ドコドコとのんびり走り、渋滞も余り気にせず、すり抜けも容易。

都内を流すには打ってつけのカスタムで、お気に入りの一台です。

スプリンガーフォークという事もあり、エンジン内部には手を入れておりませんが、純正EVOエンジンの特性を

最大限引き出す、吸排気、デジタル点火等のカスタムは施しているので、

トルクフルで必要十分な走りも乗っていて楽しいひとつです。

 

このベース車両を仕入れた際、ドラックパイプ、ダイナSといった仕様でしたが、案の定トルクがなく遅い、

一般的にそれが当たり前のようになっていますが、使う部品によって同じエンジンなのに、

こんなに違うの?とやはり実感します。

 

観て、乗って、楽しい愛車を創作する、それが私共ケンテックのモットーです。

次回は、現在、雑誌バイブスで車両紹介されているインジェクション車(FXCW)のネオビンテージにカスタムした

車両の掲載を予定しています。

 

2018213153758.JPG

 

2018213153941.JPG

 

2018213154127.jpg

 

明けまして、おめでとうございます。

2018年も本日より仕事始めとなりました。

本年も恒例の伊勢神宮参拝に昨日行って参りましたが、今年は近場の荒川河川敷で

珍しく雲ひとつない初日の出が撮影出来たのでそちらの画像を添付します。

 

20181617016.jpg

 

オートバイにも厳しい規制が施行され、楽しみが半減という時代になってしまいましたが、

弊社では今まで培ってきた技術を活かし、合法で楽しく安心してお乗りいただける完調に仕上げた

国内外の規制対象外のオートバイの販売にも更に力を入れる所存でおりますので、

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

バルカンからハーレーにお乗換え

このハーレーのお客様は、以前バルカン400に乗られていて、当初はバルカン800に乗り換えて

400のカスタムパーツを800へ移植するというご予定でしたが、奥様のお言葉でハーレーに変更。

バルカンに装着されていたカスタムパーツをハーレーに移植する事になり、

出来る限り以前の愛車のバルカンそっくりになるように

手を加えて製作してみました。

 

20171021175155.JPG

 

20171022131311.JPG

 

完成したハーレーをご覧になって、お客様もハーレーだけどバルカンですね^^と

嬉しそうにされていたので、面白い試みでした。

 

 

DS4 エンジン載せ換え&フロントビレットホイール装着

このドラッグスター400は10万キロ近く乗られたので、エンジンの載せ換えのご依頼を受けて、

ついでにリフレッシュを兼ねてフロントホイールをビレットの21インチに変更しました。

ルックス的にも、あたかも当初より21インチのビレットホイールが着いているがごとく

車体のバランスが取れたと思うのですが、いかがでしょうか。

 

20171021171933.JPG

 

お客様にも乗ったフィーリング、ルックス共にご満足していただいたご様子で、

製作した側も嬉しい限りです。

 

2017102117210.JPG

 

20171021172519.JPG

 

 

抜群のフィット感!サドルシート

このサドルシートは、ナックルヘッドの時代からハーレーを乗り続けている大先輩が

何か良いシートはないかと色々試すもしっくりするものがなく、ご自身でサドルシートを

創りはじめ、試行錯誤の結果完成した拘り抜いた世界的にも類のない逸品です。

 

2017102116464.JPG

仕事柄、色々なメーカーのサドルシートを跨ぎバイクに乗りますが、

このサドルシートの乗り味を経験してしまうと、他のサドルシートは取りあえず

着けておくかといった感覚になってしまうほど、抜群に優れています。

 

20171021164314.JPG

 

造り込みも頑丈で、通常ベースは鉄板で出来ているものが、このサドルシートのベースは

アルミ鋳物で製作されており、しかも上面形状は絶妙な立体感で、まさに職人芸と

いった仕上がりです。

 

2017102116456.JPG

 

販売しているのは、老舗と呼ばれるハーレーショップのみで、価格帯は10万円前後と

シートの中では高価なものですが、製品をご覧になり跨っていただくとその価値が

伝わると思います。

 

 

 

ヤマハ ウォーリア1700 カスタム

国産クルーザーの1500cc以上のバイクは、おおむねハーレーよりも大きいので、

この車両もお客様の体系に合わせポジション変更等のカスタムを施しました。

具体的には、ハンドルグリップが少し手前に来るようスリムバックバーのブラック仕様を

装着し、それに合うようにシート形状の変更と表皮張替え、ローダウン、

あとはルックス的に、リアフェンダーレス加工、カスタムウインカーで、

精悍なイメージを更にUPしてみました。

 

2017102114715.JPG

 

次回は、サイレンサーをもう一回りスリムなものをというご要望で、今から楽しみです。

雨降り続きで久しぶりにブログ更新

こんにちは。

ここのところ東京は雨ばかりでお預かりしている車両の試乗が出来ないので、

久しぶりにこんな時間を有効活用と思い、何台かカスタムのご依頼を受けた車両の

ご紹介をします。

ハーレー ダイナ カスタム ショートリアフェンダー加工

このダイナローライダーは外見と排気系のカスタムのご依頼で、

純正リアフェンダーをショートリアフェンダーに加工して、

ビキニカウル等装着。

排気系は弊社の極太フレアー2in1マフラーをあわせ、

ブラックとクロームメッキのコントラストでシャープなイメージに

仕上がったでしょうか。

 

201752118192.JPG

 

201752118208.JPG

 

2017521182059.JPG

ページ上部へ